2017年2月22日水曜日

ブログ

先週の週末に東京に行って参りました。
束の間ではありますがダサくて臭い貧民の集まりである大阪を離れ、オシャレで活気あふれる大都会の東京でリフレッシュしてきました。
あまりに楽しかったので帰路で東京の良い所を100個あげてみようと思い実行しました。
2個しか思いつきませんでした。
①横浜に近い
②道路にあまりゲロが落ちていなかった
あと98個良い点をご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

PS: 第3代最高司令官様へ、小池とかいうババアが野心ヘアの悪口を言っていましたよ。女の治める町ごと対処した方が良いのではないでしょうか。




今回のテーマは「ブログ」です。
先日とある方に「お前のブログは実際のお前を知らないと、馬鹿が書いてるように見える」と言った内容のお言葉を頂きました。
目から鱗でありました。
普段の関西飲みであれば「馬鹿とはなんだ!」と鉄アレイで顔面にバーンナックルぶち込んでやる所ですがここは東京、「年上をシバイてはならない」はならないという界隈の不文律に従い震える拳をしまいました。
また思わぬところで読者様にお会いできたことと、僕のブログの読者の中に流暢な日本語を話す知的な方がいらっしゃることのダブルショックでありました。

正直言ってこのブログを読んでる奴なんてひまわり学級ぎりぎりのサイコウォリアーばかりだろうと思っており、幼稚な内容に偏ってしまっておりましたがこの言葉をきっかけに知的かつ優雅な午後のティータイムにピッタリな内容へシフトしていこうと思います。
このブログのメインターゲット層である皆様の様なカップ麺の空容器が散乱するかび臭い部屋でワンカップ大関片手に、このブログを読んで頂いてる方には少し縁遠い内容にはなりますがこれからもお付き合いして頂ければと思います。
知り合いに京大卒の人間がいる、英検を受けたことがある、仮免学科試験を二回目で突破、7の段までなら余裕、など知的エピソードに枚挙に暇がない僕のインテリジェンスブログ「どざいのワガクモ」を今後ともよろしくお願いします。

余談ではあるが以前「お前のブログは稀に狂気を感じることがある」と言われたことがある。
また姪っ子に「プーさんの抱えてる壺あるやろ、あれホンマは骨壺やで」という嘘を付いた時にその母親から「そういった狂気じみた嘘を吹き込むのはやめろ」と注意されたことがある。
前者は異常性癖者であるし、後者は夫に中出しアクメSEXで孕んだ証を連れ歩くド変態である。
狂っているのはお前らだ


知的なブログを書くには知的なブログを読むところから始めようと、様々な方のブログを読んでみました。
まずは手近なところからKUのブログを見てみました。
なんか難しい言葉が多くて内容の20%も理解できませんでした。
ただ2/22日現在の最新記事である「ないものねだり」は、僕に級友の低学歴仲間みんなでKUの家に焼き討ちに行くことを決意させるに十分の読み応えでありました。
失うものなどない者達の捨て身、お前に受けきれるか・・・?

次にそのKUがよく口にする笹松 しいたけさんという方のブログを拝見した。
なんかとにかく膣内射精がしたくてしょうがない方のようです。
少なくとも面を被った状態で男性の精液を身に受けて喜ぶ男性より遥かに高尚な理念の持ち主だと思います。


その他hnさんのブログも読んでみたがあんまり更新されていなかった。
ブログなんて書いてる奴はド変態か暇人しかいないことに気付き、自ら身を引いたのであろうか。

その他にも面白いブログを書いてる人はいるだろうとGoogleで
「ブログ 面白い プロ野球助っ人外国人 帰国理由 神のお告げ」
で検索したが一件もヒットしなかった。何故だ。

2017年2月18日土曜日

TOKYO

今週もまた年に数回ある民族大移動の時期がやってまいりました。
例によって当たり前のように関東で開催される大イベントに地方民が参勤交代が如く通い詰める、我々地方民にとってはちょっぴりセンチな時期でございます。

そもそもこのような悪しき習慣のお陰で僕の様な1時間あれば梅田に行けてしまうようなイケイケヤングなシティボーイですら、幕張から遠いという理由で田舎者地方民扱いされてしまうのです。
またふくらはぎに僅かな疲労がたまればすかさずスタバに飛び込み、地方民が頭まで雪に埋もれていても意にも介さないくせに東京に1mmでも雪が積もれば朝から晩までニュースで大騒ぎするマリーアントワネット関東人共は電車で精々1000円払えば着くようなイベントに、我々は現代の蟹工船「夜行バス」に乗り込むか1万円くらいするブルジョワジーな乗り物に乗り宿を確保して向かわなければならないのです。
全く納得いきません。おしゃれイズムで何もしていないのに森泉は大金をもらえて、下衆な客に腐った笑顔で泣きながらレジを打つ僕が端金しかもらえないことくらい納得いきません。

しかしこれも所謂、界隈の流刑地大阪に生まれてしまった僕が悪いのです。
僕ら地方民は極稀にやって来る大御所に頭を下げて媚び諂いつつ、飲み会に参加して頂きやれ「俺は○○さんの家に行った」だ、やれ「俺は来週関東に行く」などと情けない自慢話に花を咲かせ大御所から嘲笑を承る他に生きる術などありません。
僕はこの事に気付いた時に自分が一つ大人になったような気持ちになりました。
人間が大人になるのは20歳になった時でもなく、就職した時でもなく、失恋した時でもなく、童貞もののAVで異様に腰振りがうまい男優に憤った時でもありません。
田舎と東京の格差に気付いた時です。
皆さんもご自慢の格差エピソードがあれば是非DMででも教えてください。笑ってやるから
この際嘘でも構いません。
なお頂いたエピソードは「いいはなシーサー」にも転送させて頂くことをご容赦ください。
え?あの番組はもう終わった?あ、そう


まあそれはそうとやっぱり東京にバンバン行くやつは凄いなと。
まず東京に知り合いがいるという時点で凄い。
Twitter経由で知り合いを作るってことはあの刺すような沈黙が支配するDMのページを利用しなければならないのですよ。
某権力の虜氏も「リプライからDMに持ち込むのが上手い奴は人付き合いも上手い」的なことを言ってました。
僕には到底無理な芸当です。
そもそもTLでDMしましょなどという会話が成り立ちません。
着ぐるみ界隈において「DMしよう」とは「何だかんだゴミみたいな会話したのち家に行かせてくれ。エロいことしよう」のメタファーであることは確定的に明らかです。
かつて自分が「あいつ絶対ホンマはエロいで!みんなで囲んで白状させようや!」と魔女裁判を行った相手に、「健全やね」と指摘されてしまった僕にはそんなネット売春行為は出来ません。

まあ精々関東のおじさん達はこの時期、一晩泊めてやり氷結の1本や2本くれてやれば喜んで体を許しそうな財布の紐もお股も緩い貧乏学生にでもお面を被せて摩擦で火が付くくらい股間をさすり合ってたら良いと思います。
あーあ、俺にテレパシーが使えたら渋谷から300km圏内に住んでる奴の尿道に今すぐポッキーぶち込むのになあ



2017年2月12日日曜日

パクリ

「ゴブリンの壺」様の不思議迷宮録シレンを完全にパクってしまったことをお詫び致します。
あれめっちゃおもろいですよ
クオリティ激低
ってか下書き段階で飽きた










飽きた。もうええわ
また思い出したら書く