2016年9月6日火曜日

ぬこ面制作RTA any% タイム未計測

 このブログのチャームポイントって以前「これにてブログはお終いです!」とかほざいてたくせに数か月後、いけしゃあしゃあと更新するところですよね。
そこら辺の恥も外聞も無いところがドクズっぽくて素敵だと思います。
あと1記事につき平均で10アクセスあるかないか、しかも大概が海外から謎のリンクサイトを経由すて外人が飛ばされてくるだけという惨状で更新を続ける根性も褒められてええんちゃうかなと思います。

ネット迷子を狙い撃ちする蟻地獄系ブログ、今回も始まります

大概のことを二日以内に投げ出してきたどざいさんですが面作りは辛うじて続いてます。
という訳で器用さが地球全体で見ても、下から1億番目くらいの人間がお送りする制作記はっじまるよー。

取り合えず穴開けてパテうったとこ。こっから削る



















前回からなんだかんだあって結局、目周りも削ることにしました。
ぬこ面のデフォってシグマやらに比べて顔面積に対する目穴の比率が小さめやと思うんですよ。
知らんけど。ほんまに知らんけど



口回りはやすりとデザインナイフで頑張りましたが、目はルーターに100均で売ってた1.2mmビット刺して破線状に穴を空ける。

細めのやすりで穴を繋ぎくり抜く

パテ&ゴシゴシ
って感じで

口の時よりだいぶ楽だったけど削りすぎ事故が多発しますね
削り予定線のだいぶ内側に穴開けるのがええで


お次は目
練習がてら普通紙に印刷して切ってみる。防水紙高いからね。しょうがないね



















目ですがアクリル板に貼って紗幕でええかなと思ったけど、ここは少し冒険で
ハンズで売ってたパンチングメッシュ(アルミ)に貼り付けて黒目を切り抜いてみる。
ちなみにメッシュは0.5mm厚なので普通のハサミで切れるで

透け具合はこんな感じ



















試してみたけど視界はなかなか良い感じ。換気も良くなりそう。
あと曲がりやすいので目元の隙間も減らせそうな素敵素材
後は目透けがどの程度かだけどこれは実際に面に貼って被ってみるまで分からんね。
ひどいようなら裏にフィルムシールでも貼ってみようかな、と。

この後、なんだかんだあって面に色塗って目を貼りました

さて、後は口パーツ作っていよいよ結髪です。
心が折れそうだ
すごいええ子ちゃんなこと言いますけどぬこ面完成させてる人って凄いですね。
僕のはサクラダファミリア状態になりそうです



追伸・超久々にイベ行って撮ってきました

路面の陰影がたまんねえぜ



















腕は訛ってないですね(自画自賛)