2016年9月25日日曜日

大阪Cheap案内

僕、Deep案内というサイトが大好きで自分でもそのサイトの真似事みたいなことをたまにやってるんです。
また大阪ってこの手の場所に事欠かないんですよ。
その辺歩けばくっさいDeepな場所が腐るほど見えてくるんです。

で、最近の僕のお気に入りが西成です。
この西成が凄い土地でしてまあ街全体がえげつなく臭い。
腐った生ゴミの臭い、小便の臭い、何かも考察することすら放棄したくなるような意味不明の刺激臭、あらゆる種類の悪臭が一箇所で味わえるんです。
2、3日おるだけで鼻毛が枝毛になりそうな爆臭地帯なんです。
この爆臭を嗅ぐごとに楽しかった思い出が一つづつ消えていくんです。
そんな爆臭も大阪府民にとってはある程度、予想の範疇なわけです。
何を隠そうそもそも大阪自体が少し臭いんです。
何故か分からんけど大阪の都市部は臭い。不思議やけど臭い。
歩いてた外国人が駅降りた瞬間、「クサッ!?」言うてました

しかし西成のポテンシャルはこんなもんやない、匂いなんて序の口です。
 西成の凄いとこは住民に睡眠は布団でするという概念がないとこ。
何故かあの人らは道路で寝る、マンションの入口で寝る、ゴミ捨て場で寝る。
ホンマにどこでも寝る。(寝ているのか死んでいるのかは確かめるすべがない)

さらに最近はあまり見ないですが露店市が凄い。
普通の道の端やら歩道と言ったおよそ露店を開いてはいけないであろう場所に構えられた露店。
まともなもんを売ってるはずがない。
駅で捨てられていたであろう雑誌、片足だけの靴、FAXの子機だけ、延長ケーブル(ボロッボロの)
ピッカピカに磨かれた10円硬貨(販売額は20円だったらしい)
まあそんなんばっかです。

あとは看板もかなり面白い。
公序良俗などかなぐり捨てた「殺す」「死刑に処す」「罰金」等の独自のタウンルールに則った私刑の数々から、日本語で書かれている筈なのに全く理解できない怪文書までVOWの編集者が泣いて喜びそうなネタが一杯 。


梅田のきったねえ飲み屋街やら難波のきったねえオタロードやら心斎橋のシナ人だらけのきったねえアーケードもいいけど、やっぱ大阪に来たら西成行って玉出に寄ってナイトの部の謎外国人からやっすい酒買って公園でしばくのがええんとちゃうかな。
知らんけど

大阪に来たら「千里屋ホルモンバル」か「ぎんぶた」がシャスティスだぞ
僕のブログって最後に1,2行に本音書くパターンが多いな