2016年5月1日日曜日

外面が良いので面と向かって言えない面の話

まいどおおきに。最近7キロ太ったのでダイエットを始めたところ、何故か2キロ太ったどざいです。
これ以上太って内臓なんかやってしまうと命を狙われかねません。
特にスカート履かない人達なんてやっちゃうとえらいことになります。
界隈はCanCamよりデブに厳しいですからね。
原理主義の影に震えつつ8回目の更新です。


こないだ、名張*1にお邪魔させて頂きました。
界隈の方にはこの言葉だけで全てが伝わると思います。
素敵でした。


という訳で今回のテーマは満を持して「How to bukkake」で行こうと思ったんですけど、なんやかんやで干されかねないので止めです。

今回のテーマは「お面」です。



界隈ではこのお面がモノを言います。まあ被ったらしゃべらない訳ですが
このお面を購入することを専門用語で「お迎え」と言います。
お面自体をキャラクターと捉えた言い回しです。
またこのお面が所有者に「着て」と語りかけてきたように感じたという報告もあります。不思議です。
またお面を被った瞬間に、行動と仕草が急激に変化する方も多いようです。

・・・なんか妄想や幻聴、異常行動が特徴な病気があったような
FRPってやっぱり精神にも・・・
まあいいや

そう言えば私も最近、お面をお迎えしました。
これで一瞬ですがちやほやして貰えますよ。
また風俗に行くことを考えれば、お面を買う方がコスパが良いという点にも注目すべきです。
だいたい10回抜いたら元取れますよ


もうね、ここまで読んでもらって薄々勘付いてるとは思いますけど、完全にブログのネタが尽きました。何も書くことが思いつきません。
思えば4回目の更新くらいから内容が薄まり始め、今回の第8回では完全に無味無臭の記事と相成りました。
次回から僕考案のオリジナルオナニーを紹介する
「ディスイズオナニー・オリジン」通称オリジナニーブログで行こうかと







思いましたがフォロワーが6人くらいになりそうなのでやめときます。




次回、

着る者と着せられる者、そのおこぼれを狙う者。

面を持たぬ者は生きてゆかれぬ暴力の世界。

あらゆるおっさんが女装する着ぐの街。

ここは現代社会が産み落としたアンダーグラウンドの着ぐるみ界隈。

キリコの躰に染みついた柔軟剤の臭いに惹かれて、

危険な奴らが集まってくる。

次回「出会い」。

どざいが飲むのビールはマジで苦い。



さよならさんかく、また来テンガ



 *1: 愛の巣でもあり、北半球最後の楽園とも言われている。 別名エキセントリックランド