2016年4月21日木曜日

イースト・サイド・ストーリー

どうも、脳内の日本地図の東端が名古屋などざいです。このブログの読者はどう多く見積もっても4人程度だろうと思ってましたが、実際には7人程いるようです。
最近、明らかにこのブログ読んでへんやろって人から「ブログ読んでます!面白いです!」って言って頂きました。
いけしゃあしゃあと大嘘ぶっこいて他人の懐に潜り込むコミュ力、これくらい持ちあわせていないと東では戦っていけないのかもしれませんね。
 
先日、東のビッグネーム*1に謁見を賜る機会がありました。
ここまでのメジャーリーガー、僕みたいな公立高校の8番バッターなどでは影も踏めない存在であります。
自分の場違い感にガクガク震えながら、メジャーリーガーと恐れを知らぬ尼崎の核弾頭とのお話を拝聴していると西と東の差が色々と見えてきました。

今回は伺ってきた西と東の差の話をしようかなと思いましたが、私が関東に行ったことがないという驚愕の事実が判明したため中止とします。
関東人って全員グラサンかけてて身長2mあるって嘘やったんですね。


ってな訳で「今回は着ぐるみさんの手の楽しみ方」ってテーマに再チャレンジしようと思ったんですよ。
このテーマ、一度下書きしたのですがあまりの下品さに投稿を自粛した曰く付きのテーマなんです。
で、今回書き直したんですけど
しっかし「精液」「ぶっかけ」「童貞」「ちんちん」のようなワードを一度も使ってない
「着ぐるみさんの手の楽しみ方」という記事が一番気持ち悪く、一番下品だったというのはある意味、日本語の奥深さを再確認させてくれました。

そもそもですけど他人から楽しみ方を教わらないといけない人なんて、大して着ぐるみさんの手が好きじゃない人でしょ。
ホンマに好きなら心の赴くまま性欲に任せ触ってください。舐ってください。舐めてください。しゃぶってください。ちんちん握らせたってください。次回からオフに呼ばれなくなると思います。
只、僕ホンマはめっちゃ紳士なんで肌タイを一枚しか持ってない人の指はしゃぶらないと決めてます。

今回はだいぶ汚い文章になってしまったんで最後は上品なポエムで締めたいと思います。



嘘をつかない人間など居ない
 全ての人間が他人を欺き、自分さえも欺き生きている。
  冷たい面で素顔を隠し、偽りの笑顔を振り撒く人 
   ちんちん握った肌タイで子供の手を握る人
  
嘘をつくことは時として正しいこともあるかもしれない
 でも嘘をつき過ぎると本当のことが分からなくなる
  もう嘘はよそう、本音で生きよう、本当の気持を伝えよう
    私の本当の気持ちを聞いて欲しい





















「ゴム付けてない着ぐるみさんにぶー当てた時の反応、ごっつ抜ける」

ご静聴ありがとうございました。このブログを読んでることは親御さんには内緒にしましょう。



*1:リンク欄が非常に便利なサイトを運営されてる方。私も中学高校時代に大変お世話になりました。