2016年4月2日土曜日

はてなブログでやりゃ良かった

こんにちは、ブログを再開した代打屋に一瞬で更新回数を抜かれ、アイデンティティの崩壊に歯止めがかからないどざいです。なんだかんだで当ブログも5回目の更新です。
そろそろ大物ブロガーの風格が出てきたのではと思います。
学校辞めてアフィで食っていくことも視野に入れようと思います。


今回のテーマは注釈です。この記事を書き始めると同時にBloggerの注釈の使いにくさに直面し
「四の五の言わずにはてなブログにしとけば良かった」と早速の企画倒れ感が漂いつつあります。
長いものには巻かれるのが正解でした。
あと今回は超真面目な考察記事です。ド低脳Fラン文系が書いた支離滅裂な自称真面目な文章が読みたくない方は帰ってください。
・・・全員帰ったか、まあいいや

先日、私より若い着ぐる民{*1}の方々にお会いする機会がありました。
私が浪人時代に失ってしまった恐れを知らぬ明るさと、若さゆえの不必要に高いテンションと、何やらよく分からない言葉使いに脳天を揺さぶられジェネレーションギャップに打ちひしがれつつも彼らの生態を研究してみようと少し観察してみることにしました。

一般的に若い着ぐる民は着る{*2}ことを好むようです。
また、「着ましょうか? 」「着たほうがいいですかね?」等の発言が自然と出る辺り、自分自身の内蔵としての評価は高めのようです。
着たがりは可愛がられる傾向にありますし、この傲慢さは加点ポイントであると思います。
また他社が着た場合、恥も外聞も掻き捨て溶ける{*3}傾向が見られます。
まあ僕は若い方が大好きなんで{*4}全てが微笑ましく見え、こちらまでパワーを貰えました。

当記事の内容は全て嘘です。実際は若い方々なんか会ってません。
実際ええ人らでした、知らんけど
お叱りですか、あの、今日はお腹痛いんで明日怒ってもらえませんか、、ホント
僕、ホンマはしゅっとしたブログが書きたいんです。


*1:着ぐる民 お面に含まれるFRPから発せられてるとされるガスを吸い過ぎたため、FRPと布依存症を患い正気を失った人達。
症状が進行するとそれに合わせ収入の内、着ぐるみに使う金額の割合(通称:面ゲル係数)が増えていくとされる。
エナという独自通貨を使用する(1エナは日本円で約98000円ほど)。
着ぐるみって趣味というより現実逃避ですよね。

*2:体に密着する肌を模した布を纏い、FRP製の顔を模した造形物を被ること。 その行為後、周囲の人物は当事者を女性、もしくはキャラクターとして扱うことが余儀なくされる。 いかなる場合でも当事者を構わなかった場合、後日SNSで晒される等のダメージを負う。

*3:着ぐるみを激しく愛でること。離れて見ていると大層気持ち悪い

*4:大人はこういった小洒落た皮肉も言ってしまう。